粘土の住居

投資をするならairbnbがべスト|時代を読むことが大切

様々な投資商品があります

マンション経営と同様の仕組みを持った投資商品も存在します。その代表的なものが株式市場で売買できる上場不動産投資信託です。不動産の所有権を持つことにこだわるのであれば、不動産共同特定事業法に基づく投資商品がお勧めです。

民泊をはじめる

握手

民泊をはじめる人はさまざまですが、多くの場合には土地活用や不動産投資として行っています。民泊そのものは、一軒家やマンションなど空いている部屋を宿泊施設として貸し出して収入を得るというものです。投資としてみた場合には高い収益性があることが知られていますが、現実として行うには、さまざまなノウハウが必要です。民泊需要としては、主に外国人が中心になります。そもそも民泊そのものがairbnbなどの海外のソーシャル・ネットワーキング・サービスが発端となっているためです。airbnbのサービスとしては宿泊場所を求めている旅行者が、airbnbを介して宿泊場所を提供しているホストを紹介するというものです。このためもし民泊をはじめたいのであればairbnbなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスに登録をする必要があります。一方で投資としてはじめる場合には民泊用の施設を用意しなければなりません。それほど立派なものを用意する必要はありませんが、最低限、清潔なベッドを用意する必要があります。少なくともこれらの投資は必要になります。また応対も英語などを使わなければいけません。このようなことから民泊投資では、自身が運営するよりも代行業者を利用するのが一般的です。代行業者に登録すればairbnbなどのソーシャル・ネットワーキング・サービスへの登録のほか、応対までサポートしてくれますし、また部屋を改装する手配や消耗品、清掃なども代行してくれます。一通り費用がかかりますが、代行業者の多くが利用があった時のみ利用手数料をとる仕組みなので、利用者がいないからといってランニングコストが過度に掛からないメリットがあります。

経営のリスクを軽減させる

マンションやアパートなどを経営していく上では、サブリースがとても重要となります。サブリースでは、経営で必要となる入居者の募集や手続き、家賃回収といった仕事を全て企業に委託して任せることができます。それにより、空室や家賃滞納などのリスクを回避しながら収入が得られます。

家賃や原状回復費用の保証

賃貸保証会社と契約することで、大家は毎月一定額の利益を得ることが可能となります。これは賃貸保証会社が、家賃の回収を代行したり、滞納された家賃を立て替えたりするからです。また賃貸保証会社は、原状回復費用も保証します。入居者から敷金を受け取り、退去後にはそれを使って優良な清掃業者を手配するのです。